求める人物像・理想の人材を自動で言語化して文章・例文の書き方がわかるサービス

ロール・コンサルティングオフィス
「求める人材」

01

行動特性・考え方

行動する 67%
きめ細か 24%
現実的 34%
合理的 77%
計画的 45%
考える 33%
広い視野 76%
革新的 66%
感性的 23%
臨機応変 55%

最も求められる行動特性・考え方は
合理的(77%)です

「合理的」な人材の解説

合理的に考えることが得意で、自分の個人的な感情よりも論理性を重視できるような人材とのマッチ度が高いようです。
信頼できる情報源や専門家などから情報を集めて、客観的に判断を下すことに自信を持っているようなタイプです。

「合理的×きめ細か」の場合は、数字やデータなど客観的な情報をもとに、論理的に思考を組み立てて判断を下せます。
「合理的×広い視野」の場合は、自分の直感を信じながら、それを論理的に解釈してロジカルな納得がいく判断を下します。

キーワード

#論理的 #ロジカルシンキング #筋道を立てる #データ #数字

次に求められる行動特性・考え方は
広い視野(76%)です

「広い視野」な人材の解説

感性・感覚を信じて、直感で物事を進めていけるような人材とのマッチ度が高いようです。
今までのデータではなく、存在しない事象に対して、直感を武器にアイデアや提案を次々と出せるようなタイプです。

社会の流れや顧客の趣向を肌で感じることができるため、大きな流れを読み解く感覚に優れています。反面、詳細に気を回したり、細部を詰めていくことが苦手な場合もあります。
(木を見るよりも、森を見ることが得意なタイプ)

キーワード

#ひらめきや直感を信じる #感覚を重視する #想像力豊か #大局観 #森を見る #喩え話や遠回しな表現をする

02

対人能力・チームでの役割

0
10
20
30
40
50
60
70
80
90
100
理知的 101%
責任感 53%
従順度 21%
受容性 32%
独創性 77%
主体性 78%
適応性 26%
決断力 77%

最も求められる対人能力・チームでの役割は
理知的(101%)です

「理知的」が高い人材の解説

冷静で判断力、分析力が高い理知的に考えることができる人材とのマッチ度が高いようです。
感情的にならないように自分を押さえて、客観的な判断で問題を解決していくことが得意なタイプです。

情報収集などが得意で、情報処理に長けています。プログラミング、エンジニアリング、法律、哲学、戦略などに特性が高い人が多いようです。
感情を表に出さないタイプが多いので、クールな印象を受けたり、共感性・調和性にかけるという印象を与える場合があります。

キーワード

#情報収集 #分析 #客観的評価 #理性的 #合理的 #冷静沈着 #現実的

次に求められる対人能力・チームでの役割は
主体性(78%)です

「主体性」が高い人材の解説

自分で目標を立ててそれを実行するなど、主体性を持って仕事をすることができる人材とのマッチ度が高いようです。
論理的に考えるにせよ、情緒的に考える(自分の好き嫌いや受け入れられるかどうか)にせよ、最終的には自分のやりたいこと、やるべきことを見出して、自分でゴールを定めることができます。

会社やチームでの目標・計画がガチガチに決まっている場合は、主体性が発揮できないためモチベーションにつながらない場合もあります。
本人のモチベーションと会社の期待が合致すると、自発的かつ高いパフォーマンスを発揮するでしょう。

キーワード

#主体性 #自由 #自立的 #独立心

03

基礎能力・強み

  • 積極性
  • 安定性
  • 自制心
  • 協調性
  • 発想力

最も求められる基礎能力・強みは
積極性です

「積極性」に優れた人材の解説

積極的で社交性のある(社交が得意な)人材とのマッチ度が高いようです。

このタイプは、自分の外界に意識が向いており、エネルギーが外に向かっています。そのため、エネルギッシュ、活発、積極的という印象を受けます。
逆にこのスコアが低い人材は自分の内面に意識が向いているので、内向的、寡黙、内省的、思慮深いといった印象を受けます。

このスコアが高すぎると威圧的と思われる場合もあります。
報酬に対してのモチベーションが高いため、自分の成果が明確な環境や、成果連動型の評価制度が合っています。

基本的に忙しい状況を好むので、大量の仕事を引き受けられる人も多いですが、自分に負荷をかけすぎてしまう場合があるため、心身の管理やサポートに気を遣ってあげましょう。

キーワード

#社交的 #熱中 #刺激を求める #衝動的

次に求められる基礎能力・強みは
安定性です

「安定性」に優れた人材の解説

小さいことを気にせず、嫌なことやストレスがあってもすぐに立ち直り、感情的になることが少ないような、精神的安定性に優れた人材とのマッチ度が高いようです。
嫌なことや気に障ることがあっても比較的穏やかに受け流し、感情に変化があったとしてもそれをあまり引きずりません。
逆にこのスコアが低い人材は、小さいことに反応しやすく、ネガティブ感情が長く続いてしまいます。

「協調性」のスコアが高い場合はネガティブなできごと(周りの人が怒っているなど)に気づきやすく、「協調性」スコアが低い人はそもそも気づいていない可能性もあります。「安定性」スコアが高い人は、ネガティブなできごとに気づいたとしても、それによって受けるダメージが少ないと言えます。
嫌なことを気にしないということは良いことばかりなイメージがありますが、一方で警戒心や慎重性が低くなる場合があります。また、このスコアが高いからと言って、ストレス耐性を試される環境(クレーム対応、厳しい上司の元での仕事)を好むわけではありません。

キーワード

#精神的な安定 #レジリエンス #ストレス耐性

\就職・転職をお考えの方へ/

適社レコメンドアプリ

UI

あなたも、CIY®を使ってみませんか?
CIY®登録すると、企業とあなたの適性を分析し、「働きやすく活躍しやすい企業」のTOP30社を
おすすめしてくれます。

CIY®のポイント
  • 自分の個性を活かせる仕事に出会える
  • 楽しみながら企業探しができるデザイン・工夫が満載!
  • チャットで、企業と手軽にコミュニケーションが取れる

企業の採用担当者様へ

CIY®自社分析なら、貴社の「理想の人材」が明確になります。

また、CIY®ワークでは、このような自社分析をもとに、完全無料で求人掲載が可能です。